ノウハウを磨いて一生ものの椅子をつくるのが夢物語です

日曜大工(D.I.Y)は、昔から好きで、日数があれば時々各種ものを作っていました。定番のブックシェルフや物置机などイージーなものをささっと設ける感じです。だが、いつまでたってもなぜか上達しないのです。がさつな自分の本質が災いしているのか、マテリアルが悪いのか。。多分前者だとは分かっていますが。そういう心をもちましていらっしゃる時期、近所に執念の木工家具屋ちゃんができました。人気本位でおストアをのぞいてみると、一気に私の心は奪われてしまいました。温かみのある木のぬくもりや、洗練されたカーブドラフト、木の種類もいろいろあって役割や好みに合わせて使い分けされていて、各自も長々もらえる。塗料も、シンナーを使用しないオイルステインだったり、順当塗料のテーストがにじみ出ていて最もかっこいい賜物でした。これを見て、今までの自分のD.I.Yを猛省しました。それまではとりあえず手早く作ってしまおうという心が心持ちあったんだと思います。その後は、項目の選定から拘るようにして、結構日数がかかってもひとつひとつのプロセスを大事にしていきました。そうすると徐々に自分でも上達して出向くのが実感できました。今は相変わらず、イージーな賜物しか作れませんが、将来的には、人生使っていけるような、望ましい木の椅子を作ってみたいとしてある。はぐくみオリゴと返金保証について